インターネットビジネスとして、個人でも根強い人気があるのが、日本商品の海外向けの転売ビジネスではないでしょうか。こうした海外向けの転売ビジネスは、アニメや漫画、ゲームなど、日本商品の海外での根強い人気があることを背景としています。アニメや漫画、ゲームなど、日本の娯楽産業が高い評価を海外で受けていることに加えて、日本のものづくりの丁寧さや確かさが、世界で高い評価を受けているのです。たとえば、日本のアニメキャラクターに扮するコスプレが、世界中で人気があるように、日本のアニメや漫画、ゲームなどは、高い人気を誇っています。日本商品の海外向けの転売ビジネスは、こうした人気を背景にしたビジネスといえるのではないでしょうか。一方で、日本商品の海外向けの転売ビジネスが、人気となるように、海外商品を日本向けに転売する、いわゆる個人での輸入ビジネスも、インターネットビジネスのひとつとして、広がりを見せています。たとえば、Gショックなどの腕時計や、ナイキのシューズなど、海外限定の商品が多く存在しており、日本では販売されていない商品も、数多く存在していることをご存じでしょうか。こうした商品を、世界中から安く仕入れて、日本で高価に転売できればビジネスとして成り立ちます。こうした商品は、日本ではそれほど流通していないため、高額で転売できる可能性があります。また、最近では、世界的な販売サイトである、アマゾンやイーベイといったサイトが、個人の売り手でも簡単に利用できるようになっています。国外の業者や個人から商品を仕入れて、ヤフーオークションなど、日本のサイトで転売することもできるようになりました。もちろん、海外業者とのやりとりは、英語が基本となりますが、最近では輸入代行サービスも普及しています。こうした輸入代行サービスを利用するメリットは、語学の点だけでなく、独自の仕入れ先を持っていたり、まとめて購入したほうが、スケールメリットが生じることもあるためです。ただ、注意が必要なのは、発送の点ではないでしょうか。海外の発送業者のなかには、日本の業者ほど、作業が丁寧でないこともありえます。商品が十分に梱包されておらず、日本に届いたときには、傷がついていることもすくなくありません。また、最悪の場合は、商品が紛失してしまうこともあります。海外から商品を輸入する場合には、こうした発送のトラブルが起こりうることも、頭に入れておく必要がありそうです。