副業ビギナーが取り組みやすいのは間違いなく、「アフィリエイト」と「せどり」だと考えます。FXや株などはそもそも困難に、専門家でも挫折するくらい手を焼くですし、そもそも副業というよりも出資になるので、元金がある人がやるものだと思ってます。一例を挙げれば、お金100万円だとして年利10%で運用できたとしても年間で貰えるお金は「10万円」になります。言うまでもなくマイナスになる確率だって十分あります。副業を全くした事がない人からすれば、「年間で10万増大したらよくない?」と思うかもしれませんが、100万も元金があれば健全な商いに使った方がはるかに再現性も高く、短期間でさらに増やせます。貯えが1000万とか1億くらいあれば、年利10%で100万や1000万くらい増やせるので、それくらいある人が余剰元金でやる分には最適だと考えます。その上日本にはあまり馴染みのない「オンラインカジノ」ですが、名前からして結構怪しいですし、法律が追い付いてないのでグレー感が強いです。危険性を追って一攫千金を意識したいなら止めませんが、月100万くらいの副業で良いのなら、ここまで危険性負わなくても実現できるなので、やる不可欠はないと思ってます。
以上の要因があって私は「せどり」と「アフィリエイト」を副業にベストチョイスしますが、「せどり」と「アフィリエイト」もカテゴリー的にはまだまだ大きいので、あとちょっと掘り下げて解説します。「せどり」をちょっと知っている人が良く言うのは、「せどり」って作業が多くて大変なんでしょ?という事ですが、ぶっちゃけ多々あるです。ただ、1日の作業1時〜2時など創意工夫すれば短縮する事も全然できるです。

それは「仕入れをオンラインで行う」や「アウトソースを使用する」、「配送代理を使用する」などのテクニックです。一見すると困難なそうですが、全然面倒にないと言うのが本心です。その証拠に私の周囲でも主婦やサラリーマンをやりながら「せどり」をしている人は数多くいるからです。言うまでもなく「楽に可能な」とまでは言いませんが、他の産業に比べればはるかに手っ取り早くで再現性も高いのでせどりが副業として流行な所以でもあります。物販広告を成約させるスキルは「特定の属性を集める集客力」や「ライティングスキル」などが求められるのでもちろん敷居も高く再現性も低くなります。その上どんなに上級者でもインセンティブが生じてするまでに1~3か月は必要になるので根気が必須になります。ただ、投稿を記述するライターは1テキスト300円〜と安価に申し入れする事も可能なので、元金に水準を満たすまでゆとりのある人は委託ライターを使用する事で決まった的にストレスなくテキスト更新をする事もできるになります。